UA-199195483-1

【200g】ブラジル カクェンジ農園 ナチュラル

「Brazil Fazenda Kaquend Natural」
ブラジル カクェンジ農園 ナチュラル

ブラジルといえば「コーヒー」を連想する方は多いかもしれません。逆にコーヒーといえば「ブラジル」を一番手に挙げる方も多数いらっしゃるかもしれません。
ブラジルはまさに世界全体のコーヒー生産量の約35%を占める世界最大の生産国となります。赤道直下に位置し、南部の一部を除き、南北25度の緯度以内に収まるコーヒーベルトに位置します。
1970年代からはミナス・ジェライス、ゴイアス、バイア州にまたがるセラードと呼ばれる地域で大規模なコーヒー農園が開発され、機械化されたコーヒー栽培・生産がされております。
生産品種は約80%がナチュラル精選のアラビカ種となります。
ブラジルのコーヒー生産高の動向は国際相場に大きな影響を与えます。2021年7月には主要生産地のミナス・ジェライス州で霜害が発生したことに加え、新型コロナウィルスや輸送コスト上昇など価格押し上げ要素も相まってコーヒー価格の上昇が懸念されているのが、ブラジルコーヒーを取り巻く現状となります。

今回のきまぐれセレクトコーヒー「ブラジル カクェンジ農園 ナチュラル」は、そんなミナス・ジェライス州の南部に位置するカルモ・デ・ミナスで生産されました。
穏やかな気候と肥沃な土壌に恵まれた1,100〜1,500mの高地は、適度な降雨量がある良質な生産地です。
農園主はコーヒーの栽培の初めから品種の多様性と品質に投資し、コーヒーの摘み取りは人の手により行われております。

今回は中深煎り(シティロースト)にて焙煎しております。
口当たりの柔らかな酸味、ほどよいボディ感、甘味の余韻をぜひお楽しみ下さい。


< プロフィール >
◆生産エリア :ミナス・ジェライス州カルモ・デ・ミナス地区
◆産地標高 :1,100〜1,500m
◆栽培品種 :イエローブルボン
◆精選方法 :ナチュラル
◆焙煎度   :中深煎り(シティロースト)

< 味わい >
苦味 : ★★
甘味 : ★★★
酸味 : ★★★
コク  : ★★
香り  : ★★★

< 印象 >
フレグランス(乾いた粉の香り) : シナモン、レーズン、ミルクチョコ
アロマ(注湯後の香り) : チョコ、カシス
テイスト(口に含んだ時の味わい) : レーズン、チョコ、ドライマンゴー
豆のまま
中細挽き(ペーパーフィルター)
粗挽き(フレンチプレス)
販売価格
1,650円(内税)
購入数